IMG_0190 (Large)

けやき坂 グランドハイアット東京

 「さほど混んでいない」というのを確認しつつ空いてる時間、野菜と魚を食べに。

客は他に1組の姿が目に入っただけで、出る時にもう一組居たかなー程度。

IMG_0196 (Large)

 事前に流し見ましたが、ランチ、ディナーともにあまり好きでない食材の献立の月

 食わず嫌いが微妙に多いので相談して調整してもらうことはよくするんですが、けやき坂の場合食後の甘味に魅力がない時が多く(甘いものが大好物ではないというのが大きいんでしょうけれど、仙台の一舞庵のような鉄板を使ったものだったり、ニューオータニの石心亭のような和を基本とした口直しだったりすれば楽しめるんですが・・・)残念ながらこの月もそうだったので、食後の甘味はチャイナルームのマンゴープリンかフィオレンティーナのペストリーブティックで仕入れて部屋で食べることにして、コースではなく単品から自分で組み立てる。

IMG_0203 (Large)

 以前はあった鶏や豚の料理が無くなっちゃってましたが、メニュー見ながらその時の気分にあった献立を自分で考えるの楽しくてかなり好きなんですよねー。

 この時の魚介は自分的にイマイチな感じだったので、サラダでなく焼き野菜5種に、毎回頼むようにしている特殊な透明フィルムを使った蒸し焼きと、一番安い国産牛のサーロインで注文。

IMG_0197 (Large)

 野菜はアスパラ以外は勧められたものの中から食べたことのない知らないものを選んだのですが、翌昼か翌々昼に天麩羅を食べる予定だったので、なすや玉ねぎ、れんこん、さつまいもあたりを避けていたら、頼み終えた時には(肉に付属の3種も入れ)芋っぽいものばかりになってしまってましたが、それはそれで楽しめました。

雪室じゃがいもが一番おいしかったです、おススメ。

IMG_0200 (Large)

 この時の「〇〇季節野菜の蒸し焼き トリュフストックソース」は”勘八”です。

 「勘八であれってどうなんだ?」という杞憂。

季節野菜の彩りの悪さも相まって以前春に食べたものとは残念なくらい別物で、魚の風味の良さが引き出されておらず悪さが強調されてるようで、自分としてはハズレ。

自分の感覚では金目鯛やもったいないですけどキンキ、もしくは生で食べたことはないんですが、鱈とかスズキなんかの方が合いそうかなと思うんですが。

IMG_0201 (Large)

 コロナ下の影響で最近は自分でもステーキ肉を焼くようになったので、今回目線は勉強のつもりで見つめてたんですが、やっぱりプロの仕事は違いますね。

230gで6600円(消費税サービス料込8349円)の肉でしたが充分ウマい。歯が入っていく食感が気持ちのいい身のしまった噛み応えの焼き具合。

IMG_0202 (Large)

いつからかお好み4種を30gずつで食べ比べを出来るようになってるんですが、一番安い肉でこれくらい美味かったら目隠しでやったら「まるで当たらないんじゃ?」って思ったくらい好みの食感でウマかった。

 ガーリックライスでなくご飯と味噌汁の方がいいのも自分流。

 さくっと1時間程で席を立つほど短い夕食でしたが、充分楽しめました。

時期が時期だけに部屋での食事と悩んでいましたが、やっぱり目の前で調理してもらう程嬉しいものはなく。

 次夜に来ることあったら次こそは4種食べ比べに挑戦してみようかなー。

一蘭ラーメン ちぢれ麺

 一蘭の所謂袋麺です。

IMG_5513 (Large)

一蘭にはスマートフォン用の公式アプリがありまして、来店ごとにもらえるポイントを集め好きなトッピングに替えるという形のものなんですが、今年は60周年ということでそのアプリにくじ券が届いたので食べに行って引いて来たらこれが当たりました。

ハズレなし(はずれは1つもらえる)なので、数が多いだけなのですが一つ400円もするんですよこれ。

 試しに一つ食べてみましたが、スープはとても一蘭。

袋麺のスープでこれほど寄せられてたら上出来、再現度凄いと思った。

 ただ麺がいただけなかった

 一蘭と言ったら真っすぐな細麺なのになぜにこれちぢれ麺にしたんだろうか?

食べててちぢれ麺での良さは全くわからずじまいで、食べながら「これ次食べる時棒ラーメンの麺を使った方がいいんじゃ」と思ってしまったくらい。

ホームページの商品ページを見ると「モチモチとした食感にこだわった」とあり、それはその通りなのだけれどどうしても細麺の印象なのでとても合っているとは感じ難く、特に自分の場合はあの細麺のかためを選択した際のプツプツとした食感が好きなため、余計わざわざちぢれさせてモチモチとした食感の麺にした理由がわからなかった。

 にしてもこれが400円て。

IMG_0159 (Large)

そばよし 本店

 全くたいしたことなくて期待外れもいいとこ。

ウマいという水準には程遠くわざわざここまで食べに来る価値はありませんし、椅子があって座れますが、立ち食いそばというくくりの中でギリギリ最低限としか思わなかった。

IMG_0158 (Large)

ここよりはっきりと不味い〇〇そばみたいなのはよっぽどの状況じゃない限り行きませんが、そこらと比べて特別値段が安いわけでもなく、利便性の高い場所で24時間やってるわけでもありませんし、何よりここより明らかに旨い立ち食いそばいくらでもあるでしょう。という感想。

 例えば上野駅の改札出た脇にあった「喜多そば」の足元にも及ばないくらい普通。

また上野駅で思い出しましたが、上野駅構内の喬香という駅そば(ここも立ち食い仕様で座れる)よりも打ちたて揚げたてでない分、下だと思います。

そばは普通の立ち食いそばレベルで、つゆ(出汁)も「どこでもこれくらいはあるよな?」程度だし、各天ぷらは揚げたてじゃないし。

 鰹節の問屋直営とのことで大層期待して行きましたが、嫌な予感はありました。

それは某著名人がどーのこーのという話なのですが、その某著名人の名前が出てきた店に行くのは今回が二度目でぞの一度目がえらい大したことなかったと言いますか、自分にとってはどっちかというとおいしくない店だったため、自分よりもはるかに色々なものを食べ経験ある人なのは間違いないと思いますが、以来その人の名は信用に値しないんじゃないか?、テレビ上のお世辞というだけでなくもしかして味覚オンチなのでは???と疑い始めてたんですが、今回の件ではっきり味のわからない人という認識になりました。

 東京駅の方からてくてく歩いて歩いて来た途中にあった紅葉川という蕎麦屋の鴨せいろのがよくて引き返そうとしたのですが、立ち食いそばが大好きで上記の話を聞いた以上「避けては通れない道」というと大袈裟ですが「いつかは食べなくちゃ話にならない」と考え、結構な時間店前で悩んだ挙句の後悔でした。

という様々な意味をこめてのもう二度と行かない。です。

 「まぁこういうもんだよね。。。」