海外

IMGP6178 (Large)

16 台北 大欣大飯店 ビジネス ダブルルーム(たぶん)

移動がやだ、新しい部屋がよかった、そして朝食が美味

IMG_4282 (Large)

基本的に、朝早くにわざわざ起きて食べる。ということはしないんですが、なぜか今回の台北旅行中は早寝早起きな日が多く、自然と朝食を取ることが出来てました

迷うほど種類があるわけじゃないですし、保温されていなくどれも冷めてしまってたりと高めのホテルと比べるとさびしいもんがあるのかもしれませんが、自分はこれくらいが充分

とにかく台湾は味付けが自分の好みと合っているので、ほとんどのところで何を食べてもうまい

普段おかゆは食べませんが、朝おかゆって食べやすくていいもんだなと改めて思い軽くハマる

新たな部屋は下の階で末尾04の部屋

 

IMG_4212 (Large)

朝食後、このまま延泊出来るか聞きに行くと部屋は移動になるが可能だということで、今清掃中というその部屋の番号を教えてもらい、フロア図を見て考えようとしたんですが、ふとその部屋をチラっと見れないかなと思って寄り道したら、ちょうど真っ最中らしく部屋のドアが開いていた

IMGP6175 (Large)

ので覗かせてもらったらこれがすんごく明るい

しかもエレベータを使わなくてすむ2階で、階段が建物の中心にあるんで手っ取り早く出入りできるのが気に入ってしまい、そのままフロントに踵返して「その部屋でよろしくお願いします」(笑

IMGP6183 (Large)

フロア図ではどの部屋も外に面していてまさか窓のない部屋があるとは思ってませんでした。

窓なしの部屋だったら別なホテルに移動してたと思います

IMGP6200 (Large)

08の部屋とは対角、反対側のこちらが入り口のある通りに面した部屋(02、03、04)なので

IMGP6202 (Large)

08の部屋より窓も大きく、前を遮る建物が通りの分だけないため光も多いよう

IMGP6184 (Large)

新たな部屋は外からちょっと覗いただけでも08の部屋より狭いことがわかりましたが、そんなことは全く問題なし。むしろ狭い方がエアコンの効きよくなるんじゃ?と思いましたし

IMGP6180 (Large)

この部屋に移動してきてやはり明るさって大事なんだと痛感しました。清潔感がまるで違う

08の部屋だと例え大雨で外に出るのが億劫な日だとしても、部屋で過ごそうとは全く思わないものの、こちらの04の部屋なら「まぁ止むまで様子見でそれもありか。。」と思えた

自分は結構狭い部屋の方が好みなようで(単純に広いだけでは喜べないというのもあります)

IMGP6190 (Large)

そして思わぬ誤算だったのが浴室で浴槽

IMGP6191 (Large)

これも当然08の部屋のようにゆとりがあるわけではなく、日本のビジネスホテルのように狭狭なんですが・・・浴槽一つ違うだけでこんなにも受ける印象違うもんかというくらい窮屈感がない

IMGP6194 (Large)

むしろ浴槽としてはこちらの方が深く大きい感じで、ちょっとどころか大分快適でした

IMGP6192 (Large)

今回の旅行の全泊、台北ホステルでいいとさえ思ってましたが、階段下りたら朝食があってというこの2階の部屋の環境、明るくそこそこ狭くて部屋にフロトイレがあるし、エアコンも24時間(台北ホステルは100元追加で払って8時間なんです)で約1300元の差

不思議なもんでバンコクだとダメだった思い出の安宿滞在が、ここ台北では全然苦にならず変わらずの快適さ

自分はここ大欣、台北ホステルのどちらで過ごしててもそれぞれ良さを感じれてますが、今のレートで4000円半ばの差があったとしても数泊の短い滞在ならば、こういう最低限ちゃんとしたホテルに泊まるのが快適だし普通でしょうね

あとはここくらいの小規模なホテルだと、どこでもやかましい某国人の団体旅行客と出くわすことはまずないでしょうから、それが利点とも思えました。快適の中には実際静けさの部分もあり

そういや台北ホステルって部屋にテレビなかったんだな

ちなみにここ元は(もしかしたら今でも)ラブホテルらしく、ドアに休憩○○元って名残ありました

15 台北 大欣大飯店 ビジネス キングベッドルーム(たぶん)

泊まりたいと思えるホテルは全滅だったため、いつものように場所で選んだ結果、オークラの裏にある大欣大飯店にしました

 予約の詳細を確認するとなぜか窓なしツインの部屋で予約してるんですが、この部屋しかなくて慌てて取ったのか?今見てて驚きました。とりあえずで取って空きがあったら変えてくれってお願いしてたのかなぁ

普段からあまり選ばないというだけのツインの部分はともかく、いくら空きの少なかった日とはいえ窓なしの部屋しかないなら他のホテルにしてると思うので、こんな大事な部分を見落としていたとは考えられず・・・間違えて選択してしまっていたんでしょうか?だとすればおそろしい・・・

ありがたいことにあてがわれた部屋は1ベッドで窓のある部屋だったので、予約も1ベッドでバスタブのある部屋でしていたとばかり、今の今まで思っていました。。。

そういやチェックインの時「ダブル?ツイン?ダブル?はい」って変な確認されてた記憶が・・・

一番奥の一番広い末尾08番の部屋

IMG_4239 (Large)

結局翌日もここに泊まり、部屋の移動があるんですが移動した先の小さめの部屋の方が自分としては好みでした

IMGP6209 (Large)

場所は中山北路を北に向いて右側にあるこのお店を右に曲がるとちょい先に看板が見える

IMGP6208 (Large)

部屋は値段から想像してたよりすんごく広く、そして・・・・・・暗い(笑

IMGP6158 (Large)

上の写真はインチキしてます、正しく(肉眼)はこちら

IMGP6159 (Large)

一応窓のある部屋ですが、通りに面していない裏手側で、たぶん外は隣のビルなんですよね

IMGP6162 (Large)

広いんですが、日当たりの悪い暗い部屋であまり清潔感を感じられない・・・

IMGP6161 (Large)

別にジトッとしてるとかではないんですが、なんか素足ですごしたくない部屋といいますか・・・

IMGP6165 (Large)

確実に暗さが悪いんだと思いますが、陰気な部屋で・・・

IMGP6163 (Large)

長ソファーとテーブルの置いてあるこの一角。。。滞在中、足を踏み入れないよう過ごしましたww(苦笑)。写真で見ててもなにか得体の知れない迫力・・・ありますよね・・・?w

IMGP6169 (Large)

ま、でもそんなの気にしてバックパッカーはやってられませんからなんら問題なし

IMGP6171 (Large)

実際気になったのはエアコンの効きがちょっと弱いかな?ってくらいで、風呂も空間広いんでつかってのんびりしてましたし、決して居心地が悪いとかいう部屋ではなく

IMGP6172 (Large)

 

だもんで、翌朝美味しい朝食をいただいた後はもうホテルを変えるのが億劫になってしまい・・・(笑)、幸いにも九份以降雨に出くわすことはなかったんですが、この時の空模様は怪しく。。。

 「延泊できます?」

との問いに「部屋は変わりますけどそれでよければ」という返事

一応移動先の部屋を見せてもらったら、これが狭くはなるものの通りに面してる側で明るい!

もう二つ返事でしたね、部屋を見せてもらわなくとも、よっぽど酷い、例えば窓なし独房みたいな部屋じゃないかぎり、そのまま延泊させてもらうつもりでいましたけれど

なにせ解いたばかりの荷をまた荷造りして移動ってのは。。。手荷物スーツケース込みで10キロ以内におさめた身軽な状態で来てるとはいえ・・・億劫すぎて。。。

旅行は好きなんですが移動自体はとてつもなく苦手です

 

にしてもこの部屋の暗さは本当に肉眼だと上の写真たちくらいです

IMGP6167 (Large)

この写真のようにカメラの性能使って明るく綺麗に撮ることは可能ですが

出来るだけ見た目に近い写真を使う、ということで書いてますんでが実際

IMGP6166 (Large)

明るくなった写真と見比べてみると、明るさっていうのがとても大事なんだなと気づかされます

同じような角度で撮っているのにムードのあるなしとかではなく、清潔感が違って見えますから

IMGP6091 (Large)

11 九份 九份民宿 九重町客棧 VIP 海景雙人套房

歩いているとかなりの民宿が目につくんですが、予約サイトの検索ではほとんど出てこない

お茶やさんの2階とか、よさげな雰囲気の所も結構あり、あちこちで「民宿」の文字をみましたのでのんびり観光したい方で土曜、祝前日に泊まりで考えているのなら「九份 民宿」で検索して、直接民宿のHPから予約しておくのがよいと思われます

平日なら飛込みで充分いけそうですが、この土曜日はどこの民宿も満室と表に札が出てました

IMGP6025 (Large)

aOOdaなんかではチウチュンディンイン(Chiu Chunt Dint Inn)と書かれていて、どの部屋がどんなだかイマイチつかめませんが、「九重町客棧」でググるとHPがありまして、6種ある各部屋の詳細な写真付きで(しかも日本語)、見やすい空き室カレンダーもありそこから予約できます

IMGP6032 (Large)

自分の予約した部屋はHPの中文表記だとVIP 海景雙人套房、日本語だとVIP 海景2人部屋

HP英語表記だとVIP ocean view suiteとかsuiteときちんとわかるよう書かれているんですが、某予約サイトではそのスイート3部屋がSea View Doubleやダブルデラックスシービューという表記で宿泊料金差の違いがはっきりしませんでしたので、部屋を見比べるのはHPがよいかと

自分の場合は宿も含めてどこにしようかと考えていたら安いとこから埋まってしまった結果ここに。なんですが、これまたホント結果おーらいでいい宿、いい部屋に泊まれました

IMGP6035 (Large)

表にB&Bと書いてありますが、ホテルというよりやはり民宿という感じのが強い

IMGP6037 (Large)

1泊の宿泊料で言えば今回の旅行でここが一番高かったにも関わらず、ここの応対が一番アレ笑。挨拶もなけりゃ、立とうともせず「パスポート」と言われ、してもらったことはと言えば朝食の説明くらいで、朝食券と鍵を渡されそれでおしまい

IMGP6044 (Large)

部屋は4階だったかな、の一番奥

こういう歴史ある観光地?での古い建物の宿ということだったんで、期待をしないで来てるためいい意味で裏切られました

まず思ってたよりかなり広い部屋で、そして全く期待していなかった清潔感

IMGP6086 (Large)

天候に恵まれたおかげで大きな窓から見える見晴らしも期待以上

 いやーちょっと考えちゃいましたね

街歩きを目的にここに来ましたが、こんだけいい部屋だと部屋から出るのがもったいない

IMGP6062 (Large)

 失敗したなー、こんだけいい部屋ならもう一泊(翌日は当然空きがない)

 他にもよさげな民宿どっか空いてないかこの後探すか

IMGP6075 (Large)

なんて思ってました。まだこの写真撮ってる時点では夜が早いことも知りませんから

IMGP6072 (Large)
シャワー浴びてるとこのような見え方

セブンイレブン脇の基山街入ってすぐここを見つけてそのままチェックインしてしまったため、まだ全く九份観光をしてないので、日帰りで充分とも思ってないんですね(苦笑

 

民宿という字を見なくても、家っぽく感じました。設備なのか間取りなのか、至極快適

IMGP6038 (Large)

チェックインからチェックアウトまで実にあっさりしたもんなんですが、不満ということもなく、無料の水や電気ポットもありますし、冷蔵庫や加湿器?等必要なもんは揃っていました

夜景はまぁお察し

IMG_4203 (Large)

1階が数種類の食事を出すレストランになっていて、そこで朝食に預かりましたが(自助餐)

IMG_4207 (Large)

やはり台湾の食事は美味しい。味付けが合ってる

彩り的にはさみしく写ってますが、自分が朝食に求めるのはこんな感じ

どれも美味しく起きてきて良かったと思いました(ちゃっかり一番いい席で頂きました)

IMG_4208 (Large)

確かここは9000~18000円くらいで部屋があり、連休頭の土曜ということで多少割高になっているとはしても、台北と比べ「観光地として人気化したとはいえ一度寂れた何もない田舎にしては高いよな」というのが、九份に来る前の正直な感想

しかし着いてみたら納得の満足感の高い素敵な部屋でした。朝食も美味しかったし

ここに泊まるのなら最低でもオーシャンビュー(シービュー)がいいんじゃないかと思います。
個人的にはテラス?のあるマウンテン&オーシャンビュー山海景緻の部屋が好み。部屋代を節約するならもっと面白い民宿あるでしょうし

しかし他にもいい感じの民宿がいっぱいあったなぁ(あくまで日帰りで充分ですけどね(苦笑)