IMG_0190 (Large)

けやき坂 グランドハイアット東京

 「さほど混んでいない」というのを確認しつつ空いてる時間、野菜と魚を食べに。

客は他に1組の姿が目に入っただけで、出る時にもう一組居たかなー程度。

IMG_0196 (Large)

 事前に流し見していましたが、ランチ、ディナーともに苦手気味な食材の献立。

相談して調整してもらうこともよくするんですが、けやき坂は食後の甘味に魅力がない時が多くて(甘いものが好物ではないのもある)、仙台の一舞庵のような鉄板を使ったものだったり、ニューオータニの石心亭のような和を基本とした口直しだったりすれば楽しめるんですが、残念ながらこの月もそうで、食後の甘味はチャイナルームのマンゴープリンかフィオレンティーナのペストリーブティックで仕入れて部屋で食べることにして、コースではなく単品お好みで。

IMG_0203 (Large)

 以前はあった鶏や豚の料理が無くなっちゃってましたが、メニュー見ながらその時の気分にあった献立を自分で考えるの楽しくてかなり好きなんですよねー。

 この時の魚介は自分的にイマイチな感じだったので、サラダでなく焼き野菜5種に、特殊な透明フィルムを使った蒸し焼きと、一番安い国産牛のサーロインで注文。

IMG_0197 (Large)

 野菜はアスパラ以外は勧められたものの中から食べたことのない知らないものを選んだのですが、翌昼か翌々昼に天麩羅を食べる予定だったので、なすや玉ねぎ、れんこん、さつまいもなんかを避けていたら、頼み終えた時には(肉に付属の3種も入れ)芋っぽいものばかりになってしまってましたが、味を比べて楽しみました。

雪室じゃがいもが一番おいしかったです、おススメ。

IMG_0200 (Large)

 この時の「〇〇季節野菜の蒸し焼き トリュフストックソース」は”勘八”です。

 「勘八であれってどうなんだ?」という杞憂。

季節野菜の彩りの悪さも相まって以前春に食べたものとは残念なくらい別物で、魚の風味の良さが引き出されておらず悪さが強調されてるようで、自分としてはハズレ。

自分の感覚では金目鯛やもったいないですけどキンキ、もしくは生で食べたことはないんですが、鱈とかスズキあたりがの方が合いそうかなと思ってるんですが。

IMG_0201 (Large)

 コロナ下の影響で最近は自分でもステーキ肉を焼くようになったので、今回目線は勉強のつもりで見つめてたんですが、やっぱりプロの仕事は違いますね。

230gで6600円(消費税サービス料込8349円)の肉でしたが充分ウマい。歯が入っていく食感が気持ちのいい身のしまった噛み応え。

IMG_0202 (Large)

いつからかお好み4種を30gずつで食べ比べを出来るようになってるんですが、目隠しでやったら当たらなそうって思ったくらい好みの食感、焼き具合。

 ガーリックライスでなくご飯と味噌汁で食べたいのも自分流。

 1時間程で席を立つほど駆け足の夕食だったんですが、充分楽しめました。

時期が時期だけに部屋での食事と悩んでいましたが、やっぱり目の前で調理してもらう程嬉しいものはなく。

 次夜に来ることあったら次こそは4種食べ比べに挑戦してみようかなー。