IMG_4357 (Large)

伊香保温泉 横手館 本館西棟客室

 ここの写真を初めて撮ったのが2013年の1月だから7年越し。”やっと”泊まりに行きました。

CIMG0829

 やっとになった理由。

  1.  直前の予約が困難
  2.  自分の旅行体系として2食付きしか”ない”旅館が好きではない
  3.  宿泊料を調べたら「普通の旅館」だった

と、この7年の間何度も来ていて泊まらなかったのは、泊まろうと思っても前日や当日の検索では結果に出てこなくて予約出来ず、もし素泊まりがあれば(泊まりたかった西棟と常磐苑は当日の14時まで公式ホームページから素泊まり予約出来ます)もっとあっさり泊まっていたと思いますけれど、2食付きの旅館の料金としてはどっちつかずの中途半端で微妙な、当たりハズレがはっきりと分かれる価格帯のため「大きく二の足を踏んでしまってた」というのが正直なとこ。

 

 まずは食事から。

IMG_4402 (Large)

 チェックインで小奇麗なとこに案内されるんですがそこはダイニングで、書くにあたり調べてみると部屋食よりもそのダイニングで食事をするプランの方が1000円高く設定されていたので、ダイニングでの食事の方に力を入れてるんでしょう。

 自分の選択は気楽な部屋食。

IMG_4398 (Large) IMG_4399 (Large)IMG_4404 (Large) IMG_4400 (Large)

 正直豪華さのない、宿泊料金から考えればこれくらいはと思う程度の料理。どこぞの旅館と比べればがんばっているように感じました。

 はっきりと美味しかったのは嶺岡豆腐くらい(上の写真の左上)

 部屋食の欠点として、もちろん最大限気を使ってくれてはいるでしょうが、焼き物他、部屋で火をつける鍋以外は間が悪いと全て冷めてしまってから配膳される可能性がありますが、それは宿泊客が多ければ多いほどどうしようもないところ。

IMG_4406 (Large) IMG_4407 (Large)

 ダイニングは一品だしと書いてあったので、そういう面ではこういう食事を時間をかけてゆっくりしたいのならばダイニングでの食事の方がいいんでしょうね。

 鍋の鶏は普通にウマかったですし、こういう食事がキライなわけではなくとにかくワクワク出来ないんですよね。献立を見た時点である程度味の想像がついてしまって、いざ料理が運ばれてきて目にしても驚くことなくときめけず。

IMG_4401 (Large) IMG_4405 (Large)

 あと常々思っていることですが、「連泊」客のことを考えて作ってる献立じゃないんだろなーっていう旅館が多すぎと感じてます。実際の需要がそう(1泊2日が多い)で仕方のないことと理解はしてるんですけど、いい宿へは基本2泊から考えるようにしてるため自分で選択肢を狭めてるジレンマがある。

 写真はありませんがデザートは普通。マティーニグラスのようなのにプリンとりんごがのっていました。

 朝食は上等。いつも思ってしまうがホントこれくらいの感じの朝食が好き

IMG_4427 (Large)

味噌汁は固形燃料で温めるようになってましたが、おいしくておかわり欲しかった。

 

 次、風呂。

 木造の本館に風呂付の部屋はなく(別館の部屋にはあります)、月光折鶴という大浴場が時間によって男女切り替わり、それと先着順ですが空いていれば何度でも利用の出来る無料の貸切家族風呂が3つ(毎時ちょうどからの50分間)

どの風呂も源泉そばの露天風呂と同じ黄金の湯の掛け流し。露天風呂がないのが残念と言えばそのとおりですが、貸切風呂が3つで無料というのもかなり良くてありがたい。

IMG_4384 (Large)

 脱衣所に水筒が置いてあり冷水が飲めるようになってましたが、大したことじゃないけれどこういう心遣いで気持ちよさを感じます。

到着後月光、朝に折鶴とどちらへも入った後の感想は、月光の方が広く開放的でしたが、なぜか狭めの折鶴の方が気に入りました。窓の向こう側の差か、雰囲気が良い

IMG_4418 (Large)貸切家族風呂・壱

 貸切風呂は時間になると部屋へ電話がかかってきて、鍵を受け取りにフロントへ行き案内される~という方式で、夕食後と朝食前でを利用しましたが、どちらも4人は入れる広さ。18時~19時の夕食前で考える人が多いようなので、そこらがいい人は早めで電話して押さえましょう。

 

IMGP7688 (Large)

 そして部屋ですが、宿泊料金が一番安いのは玄関に向かって立った右手側(上の写真、横手館と書かれた照明のある側)、歴史そのままの本館西棟。部屋には風呂トイレ洗面等水回りは一切なく、暖房はあるけど冷房なし。今回泊まったのがこちら。

 次に安いのが繋がってはいるものの後になって増築したと思われる(今は使われていないフロント、ロビー玄関が裏手にある)別館常磐苑の部屋で、こちらは部屋に風呂トイレはついていて、冷房もあり。

IMG_4428 (Large) IMG_4429 (Large)

 一番高く設定されているのが10年前(平成22年)に改装された本館の東棟で、トイレ洗面冷暖房はあって風呂だけがない部屋。高いと言っても西棟の部屋との差額は2名で税込み4400~8800円の差。

この東棟をちょっと覗かせてもらった感想としては「実に綺麗(当たり前)なんだけど味気ない」で、こういう部屋に泊まりたいのであれば他の旅館の方がいいはず。

IMG_4341 (Large)

 外から見た感じ結構大きい旅館と思っていたんですが、実際広い(東西に長い)は広いんですが、総部屋数は40とそれほど大きい旅館ではありません(一昨年泊まった森秋旅館は80室でしたし、敷地が桁違いに広いホテル小暮は111室)。

 西棟以外に「どうしてもこの旅館に泊まりたい」理由が見当たらない自分には旅館全体で一番泊まりたかった「西棟の中でも一番良いと思える」部屋に泊まりました。

IMG_4342 (Large)

 3階西棟側の角部屋「あららぎ」。

他のどの部屋とも違い部屋の中に広縁までの縁側があるのが特長。

IMG_4345 (Large)

 大工だったおじいがこういう小洒落た造りの家を建てていたのが幼少期の記憶としてあるせいか、居心地とは関係ありませんし、部屋に居て見て過ごす部分ではありませんからどちらかと言えば無意味と思ってるんですが、こういう余分なものに惹かれる。

 古い建物、部屋だと不便な部分が多いですけれど、それを我慢出来る良さがある。

IMGP7634 (Large)

 とは言っても、部屋は普通。

ビリヤードのキューが好きで寄木細工にも興味を持ったことがあって建具の組子には目が行きましたが、興味ない人には普通の和室。

IMG_4348 (Large)

こんな凝った造りの部屋なのにところどころ手入れが行き届いてない部分も目についてしまい、それがすごく残念。

 目の前が金太夫(旅館)の裏側で眺めはないに等しく、横手館より奥には何もないため人通りもほとんどなくて、「不満」ではないんですがその無さがただただ残念で、広縁の椅子に座って日向ぼっこしてるとかなり暇で静寂すら感じる。

IMG_4394 (Large) IMG_4395 (Large)

 何かしようと思って行ってませんが、風呂に入る以外やることがないんですよね。

草津みたいな広い温泉街じゃないので行けば行くほど無目的に外はウロつかなくなっていて、今じゃ石段沿いの店はほぼ素通りですし、かといって岩手の温泉くらい何もないわけじゃないので完全に籠ろうって気にもまだなれてなくて。

IMG_4349 (Large) IMG_4355 (Large)IMGP7640 (Large) IMGP7641 (Large)

 寝転がろうと思っても布団がなかったので勝手に敷くことが出来なくて、それは不便と言ったら不便でした。畳に座布団枕で寝そべってましたが。

 反対に便利かなと驚いたのはエレベーターがあったこと。

3階まででしたが(西棟は4階まである)こういう旅館だろうと必要に迫られてなんでしょうね。部屋からは遠回りになるのもあって案内された時に一度使ったっきりでしたが、木造建築に泊まりに来てるのに風情がなくなるというか、萎えます。

 さほど寒くなかったせいか、トイレは部屋になくても気になりませんでした。

IMG_4363 (Large)

洗面は部屋の前だったので、部屋から出る必要はありますが、もし部屋内にあっても移動距離的にそんな変わりはないと思って不便さ感じる事なく使ってましたし。

 部屋の冷蔵庫内の顔ぶれがすごく好印象で撮ってきました(笑。

IMG_4362 (Large)

 瓶の飲み物って良くないですか?コーラやウーロン茶なんかガラスの瓶で飲む方がおいしいと思っている派で、風呂上りのポカリやオロナミンCは最高にウマい。

 館内にソフトドリンクの自販機はありました。大浴場手前には牛乳系の自販機もあって十分でしょう。

IMG_4372 (Large) IMG_4374 (Large)

 

 値段也のいい旅館だったと思います。

ただ一方で部屋、食事、サービスなど様々な面で物足りなく感じる人も少なくはないだろうなとも思ったんですが、館内を探検していて「もうピークを終えてしまった旅館」なのかなと感じました。

IMG_4444 (Large)

広間(宴会場)は使われていないようでしたし、新館に当たる別館常磐苑の屋上には足湯プールとマッサージチェアがあったんですが、写真の通り使われてないのは歴然で、こんないい眺めのある場所があるのにカビ臭くてなんかすごい悲しくなりました。

 というのも仕方ないのは伊香保においても「高い旅館」ではないんですよね。

IMG_4364 (Large)西棟四階

 そのシワ寄せはサービス面でも現れていて、例えばチェックイン。

他の客らと到着がかぶってしまい仲居さんが全員出払っていた。だったのならわかるんですが、そうではないのに何のためにあそこで待たされ、書く必要があるのかわからなかった。その時出されたシイタケ茶はとても美味だったんでしたが。

 食堂の場所を知る必要のない部屋食を選んだ自分にとっては食堂への案内など必要ありませんから、そのまま自分の泊まる部屋まで案内してもらってそこでゆっくりそのお茶でも飲みながら書かせてくれた方が所謂高級旅館のそれですし、1秒でも早く部屋に入れるのは客としてはありがたいし、その場合の宿側の人手も手間も相手にかかる時間も変わらないんじゃないかな、なんて思っていました。

 玄関からその食堂までの案内が女将というわけでもなかったですしね。すべて仲居さん。ちなみに女将らしき人の姿を見たのは最後会計時の帳場でのみ。

 

 その後何度か伊香保を訪れて知ってくるんですが、伊香保温泉で高い旅館は、千明仁泉亭(34室)、古久家(39室)、ホテル小暮(111室)と別館タイプの福一別館諧暢楼(8室)、塚越屋七兵衛別館香雲館(10室)、かのうや別邸そらの庭(9室)、ら辺。

7年前の投稿の時は吉田屋旅館に泊まっていて、真冬の大雪に出くわしたのもあって石段周辺の徘徊のみで、目にした旅館も石段沿いばかり。

石段沿いでは下の方の千明仁泉亭が別格な佇まいで、次点に木造四階建ての迫力で歴史を感じさせるここ横手館という感じでした。特に暗くなると抜群に雰囲気ありました。

 その6つから今後泊まるかもしれないのは、別館タイプは好みでないので、千明仁泉亭、古久家、ホテル小暮のどこかになるかと思うんですが、食べたいと希望してない食事のために高くなってしまう旅館に泊まるのはいつになるやら。