IMG_9682 (Large)

大江戸温泉物語 浦安万華郷 露天風呂付き和室6畳

 浦安に3泊。

当初の考えでは以前より興味のあった幕張のアパホテルに泊まりたかったんですが空きがなく、断念したものの大浴場への思いが断ち切れず泊まっていたホテルからすぐそばにあった大江戸温泉物語グループの施設を初訪問することにしました。

 泊まりで。

IMG_2690 (Large)

 ここともう一つ似たような再生ホテルグループと共にあまり良い評判を聞いたことも見たこともなかったので、自分で確かめるいい機会かなと思って思い切って移動することにしました。綺麗だしこれといった文句もそれほどなかったホテルに居ましたが、どこか居心地が良くなくてもう一泊する気にはなれなかった。

「巷で言われるほどのことはなくイイ感じに過ごせるんじゃないか?」と楽観出来ていたのは、去年の春利用した神戸の神戸ポートタワーホテルなごみの湯宿京都の日本館での滞在が思いのほか良かったというのがあったと思います。

IMG_2693 (Large)

 大浴場を使うので部屋風呂はなくてもよかったんですが、あっても困りはしないので露天風呂付き客室にしました。

 「ととのう」という言葉を知って以来サウナを利用したくてたまらなくて、サウナ目当てと言っても過言ではない選択で、露天と言っても無理矢理露天にしてるような、部屋の小さなフロには入らないかなーと思っていたんですが、これが大きな間違い。

IMG_2692 (Large)

 部屋の大きさというか狭さは思ってたとおりだったんですが、フロスペースの開放さ加減と風呂桶のデカさは想像以上で快適。とても気に入り部屋風呂にしか入らなくなるんですが、その理由の一つは部屋の風呂の湯も水道水ではなくちゃんとした温泉。

 実際行くまでは「どうせ温泉と言っても塩素臭い循環湯。。。」に「部屋のフロに引かれているのは普通の水道」と思っていたんですが、だけに蛇口をひねって出てくるのが塩素の臭いなぞ一切ない塩っ気のある湯水だったのは嬉しい誤算。

IMG_2694 (Large)

細かい泉質なんぞは全く気にしませんがとにかく何回だろうと好きに真新しい湯に入れ替えられるのと、誰を気にすることなく自分好みの湯温に調整し放題なのがこれほど幸福に感ぜられるとは。

 つかりながらスマホは使えるし、湯船で飲み食いするのも自由(笑。

 大浴場の方を全く利用しなかったのにも理由があって残念な点でもあったのですが、あまり清掃状況が良くないというか、流れが澱んでしまう造りのようで色んなゴミがやたら目につく感じだったので、好き勝手に出来てた部屋の露天とは天地の違い。

 

 露天風呂付きの客室にトイレはありません。

ですが、宿泊用区域に部屋が10室くらいあるのですが、それら各部屋の中心あたりにトイレが位置しているので、部屋の戸を開ければどの部屋からも20~30歩はあれば行ける近さで不便さは感じませんでした。

 行くまでは露天風呂付きの部屋でなくともよかったと思っていましたが、部屋の風呂まで温泉となるならそれが最高ですね。断然イイ。

IMG_9683 (Large)

 いくつかある食事処は期待しないように、といいますかそれを例えるなら”現在のではなく一昔前の”「決しておいしくはない」高速道路のサービスエリアの食事です。

焼肉屋や本格的な中華料理屋もあったのを見て、店内でではなく「くつろぎ処」という大広間にて、中華を中心に他の店からも頼んで食べようと考えたんですが、まずその中華のテイクアウトは20時半でラストオーダーと書かれてあって諦め、近くのテーブルでたこ焼きやフライドポテトを食べながらどーするか悩んでいると、その中華の店の前で「もう閉店?」と言ってる方が居たんですが、ホントに同じ感想。

フロ入ってのんびりマッサージでも受けて「さあじゃあそろそろ食事にするか」と思った頃にはラストオーダーの時間か閉店が気になる時間という感じなはずで、宿泊者の外出(そこまでの利用料金を精算した後)出来るのですが、近くにはコンビニくらいしかありませんから、食事面ではあまり頼りにならないと考え、注意が必要です。

 意外というか、前日食べていたあれこれがイマイチどころかイマニジュウゴくらい期待外れ(今まで行った日帰り温浴施設の食事処としては最低レベル)だったため、朝食付きプランだったのでありがたく食べに行った期待してない朝食がかなり美味でした。

IMG_2720 (Large)

やはりここもビジネスホテルの朝食として考えると、4つ星ホテルのそれよりはるかに特色が出ていて食べる(選ぶ)楽しみがあって、しかもおいしい。

特に味噌汁がちゃんとしているものでとてもおいしく具の豆腐が際立ってウマかった。

IMG_2721 (Large)

並ぶおかずの中に冷奴だけが置いてあって「京都でもないのに珍しいな、こだわってんのかな?」と気にはなってたんですが、納得。朝食だけでいくらなのかわかっていませんが差額1000円程度ならば、付きのプランを選択して損はないとおススメします。

 

 その他注意点として翌日の入館(フロ利用)も込みのプランだったんですが、チェックアウトが9時で、施設の営業時間が9時まで営業の再開が11時からとなっており、再入館できるようになるまでの2時間空白の時間が発生、というか追い出されます(笑。

ただ開園と同時にTDRへ行くような方たちには丁度良くもあるのかな、と思いました。

 日帰り温泉施設が好きで利用を考えている人の場合、その空白の2時間さえどうにかなる算段がついていれば、露天風呂付きの部屋での宿泊はかなり快適で、良い気分転換になるはずです。

 実際利用してみた感想として、たぶん隣に小さい子連れのご夫婦が泊られていたと思うのですが、物音や話し声が気になることもなく過ごせて、思いのほかくつろげていました。

 あと、どこかのホテルの使い捨てのスリッパをここ用に持ち帰って持参しましょう。

 

 追記

 大事なことを書き忘れていました。

 ここは「”泊まることが出来る”日帰り入浴施設」なだけで、ホテルではありません

飲食とマッサージを除いた接客はサービス業の中で最低水準と言える態度、対応。そのやる気のないしゃべり方は、普段の生活で在る普通の感覚で行くと腹立たしく思えることばかりで、温泉につかれても精神面で疲れて精神衛生上よろしくありません。

特に受付(会計)、に居る男性従業員3人と言葉を交わしましたが、3人とも最悪で失礼と思うくらいの応対をされ嫌な気分になりますから、一切言葉を交わさないつもりで行って極力何かを尋ねたりするのはやめましょう。自分で調べた方がマシです。

 それと連泊の場合はカプセルホテルのように追い出されることなく室内に居続けられるそうなので。(注 「 お な じ カ テ ゴ リ ー の部屋の場合に限り」と念を押されましたがそんなことわかっとるっちゅーねん。。。)。