HTハンドルデイパック HT-HD13

 久しぶりにバックパックを買いました。13リットルの。

IMG_1991 (Large)

 手持ちに45リットル(海外用)と70(登山用)、それに国内旅行用としてノートパソコン入れがついた30リットルの街用パックを持っているんですが、この普段使いも考えて一番使うつもりでいた30リットルのがとにかく使えなかった。

背負いづらいし、背負えば重量以上に重く感じて疲れるし、30という容量の割にはイマイチ詰め込めてる感じがしなく、なのに外見の存在感が邪魔なほどあり、一つもいいと思える部分がなく(ちなみにアークテリクスのBLADE30というやつです)その後の国内旅行用にスーツケース(31リットル)を買う契機となった一品。

 

 自分の使用感だと2~3泊に30リットルはちと嵩張り過ぎで、電車や飛行機での移動の場合片手が塞がってるのが大変煩わしく、一回り小さな20リットル前後のものをここ2~3年探していました。

探してたと言ってもブラックダイヤモンドという登山用具メーカーのバックパックというのは決めていて、あとは「これだ」という色待ちをしてたんですが、2018年モデルはサイドポケットの色が黒に変更されてしまい、ツートンカラーがなんかダサかった。

黒一色のものもあるんですが、日帰り登山でも使おうと思っていたので派手目の色のが欲しかったんですよね。。。

IMG_1992 (Large)

ここのとこ短距離、短期間の旅行、1泊2泊どころか春先の7泊も10リットルもない小パックでこなしていたのですが、そのおかげで国内旅行におけるおおよその荷物量は把握できて10リットル後半から20リットル前半のものを買うか、荷物は増えますがトートバッグのような手提げできるかばんを海外用も兼ねて買おうかとあちこち革物のバッグすら検討対象にして探していたんですが、ふとソロツーリストという如何にもな名のついたバックパックのことを思い出し、製造元のヴァリュウ物産のホームページを見ると考えていたサイズよりちょっと小さめでしたが

  • ノートPCを入れる場所がある
  • 小物(ペン、スマホ、財布、パスポート等)を入れるポケットが複数ある
  • 肩紐の部分を格納出来、手持ちカバンとしても使える

とほぼほぼ必要条件は満たされている今回のデイパックを見つけました。

IMG_1993 (Large)

実は初めての海外旅行へ行くにあたって選んだ相棒(冒頭書いた海外用の45リットル)がヴァリュウ物産SOLO-TOURISTの3WAY(背負う、肩掛け、手持ち)バックパックで、国内旅行では容量面からもまず使わないんですが、いまだにとても気に入っていて、今の自分の旅行の仕方になったのはこのバックパックを買って行ったからなんじゃと思うほどで、自分の好み通り気に入る造りなのは当然でした。

 2018年モデルの実物は見ていないので、手に取って見たらツートンの質感は案外悪くないということもあったかもしれませんが、電車に乗ってる時など背負わずに手で持っている場面での肩紐の存在を邪魔に思っているので、これが一番デカかったですね。

実物見ずに買ったので若干小ぶりなのは気になっていて、16~18リットルだったら途中で何かを買っても手持ちにならず完璧だったと思うんですが、ポケットにもマチはあるので2~3泊の旅行でかなり快適に使えると期待してます。

 試してみた感じノーパソを入れても余裕で、背負いやすいのが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>