53 香港 ベッド ハイアットリージェンシー香港 尖沙咀 クラブツイン


IMGP5301 (Large)

今回の海外ではっきり確認できた初シモンズだとおもいます

生地こそ違いますが、家のと同じのだと思われる6.5インチのピロートップ

ここのハイアットもシングルクッションです

そして今までこのブログに書いてきてる日本のホテルのベッドと違ってベッドパッドがとても厚い

IMGP5299 (Large)

厚いベッドパッドはみたままふとんのような感触で、とてもいい寝心地

マットレスが柔らかいのとはまた違った感じで、違いを表現するのが難しいんですが、強いて
言うなら腰が痛くならなそうな感じの柔らかさ(苦笑

自分の場合、コイルの上にある詰め物(ウレタン等)が厚い場合の感触があまり好きではない
んですが(ポケットコイルの動きを阻害しているように感じてる)
このマットレスの上にふとんを
敷いてる様な感触はアリだと思います。

というのも、マットレスが柔らかすぎると寝相の悪さから沈みすぎて不慣れな体勢を強いられ、腰が痛くなってしまう時が少なくない

この厚いベッドパッドだとふんわりした感触ではあるものの、下は適度に硬いため腰が痛くなるほどの沈みが発生しない

そして、畳の上で敷いてる布団と違い、まったく沈まないわけではないので「1日中寝て居たら
寝返り打つたび腰骨が当たって痛くなってしまった」ということもなく

寝心地変えるにはやはり厚めのベッドパッドが最適だと思いました

 

 
初めてベッドを気にした海外旅行でしたが、このベッドパッドの厚い率が高かった

暑い国だと薄く、寒い国(時期)だと厚いみたいに考えていたんですが、そんなことなかったです