CIMG0838 (Large)

3 伊香保温泉 雪そして露天へ

 起きたら大雪。

深夜降り始めを見てたのである程度は覚悟してましたが、まぁびっくりするくらい積もってた。

 正直参りました。FRなのにチェーンを持って来てない。

夜の内に車だけ降ろしとくかなーとは考えたものの、まぁでも「」なだけならぶつけるほどは滑らないし、戻ってくる足の手配を考えたら、いいやと。

とりあえず、駐車場周りが坂だったのでそこに行くまでの自分の足で確かめたり、ちょっと車を動かしてみようと駐車場へ向かったんですが、まぁとにかく急坂でやたら滑りました。こら危なし。

 そして駐車場目前にベッコリ事故車。

CIMG0869 (Large)

 タイヤのサイズを確認して(チェーンを買いに行くか、宿まで配送してもらおうという考えです。苦笑)戻ろうとしたらバスターミナル前にお巡りさん。

 何かどこぞの宿のワンボックス?チェーン巻いてある車の実況見分してる・・・

 ええーーーチェーン巻いててもかよっ

と横目に見つつ道路を横断したところ、坂上からチェーンを巻いてるトラックが横滑りしてきてる。。。

 坂が急なせいで全っ然止まらない

結局数秒かけて何mも滑り落ち、路肩の看板跡の鉄柱にぶつかるまで止まらず

 こらダメだな・・・

もし駐車場出口の坂(急)で滑り始めたら何かにぶつかるまで止まれる気がしない

目の前含めていきなり3件も事故ってるのを目撃してる上、スタッドレスを履いた車の運転を見ててもかなりあぶなっかしく感じた

自分がなんとかダイジョブでも、もらい事故が怖い

低いとはいえ一応山ですし、上の榛名湖は凍ってますしね。

こんなこともあろうかと予備日(連泊のつもりでしたが)に、お籠もりセットを持参してたので延泊を決定。むしろ温泉とコタツのみの往復で、溜めてるブログ書いて更新するにちょうど良い

と思っていましたが一行すら書かなかったwwwww

・・・

 

雪が気になり大して寝てなかったこともあり、朝食を食べ、延泊をお願いしたのち、昼寝

目が覚めたら夕方で雪は止んでいて、散策がてらもっと熱い湯に入りたいのもあり源泉の近くという露天風呂へ行くことにしました(この大雪で夕飯の材料を運ぶ車も登って来れなくなっていて、用意が出来ないということで夕食を食べれる所を探すという目的もアリ)

CIMG0842 (Large)

 「この突然の雪でわざわざ来る物好きも少ないだろし、ガラガラだろな」

CIMG0843 (Large)

人がぜっんぜんいない

 

 ・・・いい

 

この雪、この暗さ、そしてこの静けさ

こんないい雰囲気の状況、狙っても来れるもんじゃない。

ツイテルワァ

この人のいないシンとした静けさ。寒さでピンと張っている空気

温泉貸切だったら、最高の贅沢だな

CIMG0844 (Large)

貸切でした

CIMG0845 (Large)

ので思わず写真を撮りました

見上げるとこれもんで

CIMG0849 (Large)

いやーwwwいい湯すぎ、最高な贅沢してる気分

上の写真の右下に後頭部が写ってますが

CIMG0856 (Large)

誰が作ったんでしょね、かわいすぎる

こういうセンスが欲しい

そして帰り道でも発見

CIMG0859 (Large)

ほのぼのしました

この小さな雪だるまを見れただけでも大雪に降られた甲斐あったなーっ(笑)て思えたくらい

夜分には凍結におびえ「もう1泊か・・・」なんて思ってたんですが、翌日はしっかり晴れて気温も上がり、午後には路面に雪はほぼない感じ

CIMG0867 (Large)

後で聞いた話によると、下の渋川駅ら辺や前橋あたりは大して降っておらず、その先の高速部分、埼玉入ってからや都内の方が雪がひどくて事故も多く大変だったみたいです

1日待って凍結しちゃって融けなかったら車置いてく羽目だな・・・なんてあれこれどうしようかやきもきしてましたが、懸命な判断をしておまけに中々出来ないいい体験させてもらいました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>